お客様のお声

大型車の免許を取ると採用の幅も広がる 2020年8月卒業 香川様【大型車】

Q なぜこの時期に免許を取ろうと思われたのですか?

A コロナの影響で仕事がかなり落ち込みました。今は、中古車や事故車輌を運ぶ仕事をしています。でも、コロナの影響で車業界はかなり落ち込んでいるな〜と、仕事をしていて感じました。私自身の休みも増えましたし、ディーラーに訪問した時でも、以前は忙しそうにされていて話しかけづらい感じが出ていましたが、今では営業さんから話しかけていただくことが増えたので、以前のような忙しさは無くなったのかな…と思いました。今回のことをきっかけに、トラック会社で働いている方にいろいろお伺いしてみました。そしたらやっぱり、食品を運んでいる会社は需要があるみたいでお給料も良く、仕事のシフトチェンジを考えるようになりました。今は中型車の免許しかないので、出来る仕事が限られているのですが、大型車の免許を取ると採用の幅も広がるし、お給料も良くなるので、今回の時期に大型の免許を取りに来ました。

 

Q 坂出自動車学校を選んでいただいて理由はありますか?

A 30年前に坂出自動車学校で普通車の免許を取りに来ました。その当時は、すごく怖い先生が多い中、すごく良くしてもらった先生がいて、その当時のことを思い出しました。自宅は丸亀の方なのですが、その当時の先生のことを覚えていたので、免許を取るなら坂出しかないなと思いここを選びました。今は、インストラクターさん全員優しくって、時代が変わったのかな〜と思いました(笑)

 

 

 

Q 入校から卒業までのスケジュールはいかがでしたか?

A 申し込みのときに、最短で卒業したい!!と伝えたら、僕の予定に合わせていただいて、無理なく短い期間で卒業することができました。7月22日からのスタートで、週に5〜6日通っていたので、12日間で卒業することができました。

 

Q 教習されていて、思い出深かったエピソードがあれば教えてください!!

A 普段中型に乗っているのですが、大型になると長さと高さが一番違うので、そこが一番難しかったです。左に曲がるときが、中型車との感覚が全然違うな〜と思います。タイヤの位置がどうしても遠いので、内輪差を考えながら運転するのが難しかったです。逆に、右折は自分の延長線上にタイヤがあるので問題なく運転できました。

 

Q 印象に残っているインストラクターはいますか?

A どのインストラクターさんも、すごく優しかったです。一番初めに担当になったのが、吉永さんでした。吉永さんは説明も分かりやすいし、すごく優しかったので、久しぶりの教習所で緊張していたところをリラックスさせてくれました。あと、検定前になると色んなインストラクターの方が、注意しておくポイントや、直しておいた方が良いところなんかも事細かくアドバイスしてくれました。普段中型に乗っていても、大型に乗ると緊張してしまって、バックした時にポールにぶつけてしまったりしました。そんな時でもインストラクターの方はすごく優しくて、リラックスして教習を受けることが出来ました。

 

 

 

Q 普通車、中型車、大型車の違いはどんなところですか?

A 普通車や中型車と一番違うところは、車の長さ、高さです。大型車は乗り心地もいいし、何と言ってもフロントガラスが大きし、前の見切りがいいから見えやすいです。中型と違って困った部分は、背が高いので街路樹が車の横や下のほうにあることです。普段はそんなこと気にして運転していないけど、当たるかあたらないか判断しながら運転するのは大型ならではですね。あと、ミッション車で免許を取っても、普段オートマの車しか運転しないので、久しぶりにミッション車で大型を運転するとなると大変かな…と思いました。また、ブレーキがエアーなので普通車のブレーキをかける感覚でしてしまうと、ガックン!!となってしまうのでその点も苦労するかな…と思います。

 

ご卒業おめでとうございます(^^)/

コロナ禍での仕事の仕方、大型免許を持っているからこそ出来る仕事もあるんですね!!

本日はありがとうございました〜☆

お気軽に
資料請求・お問い合わせ下さい

当ホームページを見ても分からない疑問・質問や、
「教習所を見学したい!」というご意見など、お気軽にお問い合わせください。
弊社スタッフが、迅速に対応させていただきます。